医療秘書ってどんな資格?

皆さんは、医療秘書という資格を知っていますか?医療秘書とは、病院の受付や会計業務を行う為に必要とされている資格の事です。
医療事務というのは昔からありますが、医療事務として必要な医療報酬請求業務の知識だけではなく、医療機関の運営に関する知識や医学的基礎知識・関連知識等についての技能も問われる、病院の受付のプロフェッショナルな資格です。
そんな医療秘書の魅力について、ここで詳しくご紹介していきたいと思います。

医療秘書資格の正式な名称は、医療秘書技能検定資格と言います。
その試験のレベルに応じて1級、準1級、2級、3級という風に分かれています。
医療秘書技能検定試験は、毎年6月と11月の年2回行われています。
試験を受ける為に持っていないといけない受験資格の様なものはありません。
ですから、医療機関で働きたいと思っている人が比較的気軽に受けられる試験の様です。
特にポピュラーな2級、3級の試験は受験者数が多く、年々増加傾向にあります。

医療秘書を持っていると、病院の受付等への就職・転職がスムーズに出来る様になる様です。
看護師や医師等の様に直接医療行為を行う訳ではありませんが、それ以外の業務は医療秘書が行うといっても過言ではない程任される業務が多い仕事の様です。
ですから、責任も大きいですがとてもやりがいのある仕事だと言えます。
何より、医療秘書は病院の顔とも言える立場です。
笑顔で患者さんを迎える事に喜びを見出せる様な人には向いている仕事ではないでしょうか?ちょっと専門的な内容もありますが、決して高いハードルではありません。
皆さんも、そんな医療秘書資格を是非取得してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>